SDGsの達成に向けた取り組み ~商品リニューアルのお知らせ~

株式会社 陣中

SDGs達成に向けた取組み 

~商品リニューアルのお知らせ~

株式会社陣中は持続可能な開発目標(SDGs)達成に寄与します。

 

当社は創立20周年の節目を迎えるにあたり、国連が提唱する持続可能な開発目標(SDGs)に賛同し、

その目標達成に向けて、商品パッケージデザイン、使用資材、レストランメニュー等の変更を行って参ります。

 

~ SDGs目標12「つくる責任 つかう責任」のもと「脱プラスチック」や「食品ロス削減」を進めていきます ~

◆食品トレーはプラスチックや発泡素材のトレーから紙素材のトレーに変更します。

◆保冷袋入りの商品が紙素材の化粧箱入りの商品に変わります。

◆保温効果の高い段ボール化粧箱を使用する為、保冷剤の使用を終了します。

◆これまでの化粧箱に使用していたシュリンクフィルムの使用を終了します。

◆真空包装袋は薄くて強度のある素材に変更してプラ排出量削減を貢献します。

 

~ 具体的な取り組み ~

1.商品パッケージデザインを一新し、新たな内容量基準の商品をご提案いたします。

・冷凍商品の化粧箱には、耐久性と密閉度が高い段ボール素材を使い、パッケージデザインの統一化を図ります。

・パッケージはリサイクル可能な紙素材を使用し、環境資源の有効活用に貢献します。

・「1人前:120g」を基準とし、ご利用いただくお客様にお選びやすい量目に商品規格を変更いたします。

 

2.工場直売店で販売をしている「お弁当」の容器を変更いたします。

・プラスチック素材を使用していたお弁当容器を紙素材に変更し、プラ排出量削減に貢献します。

 

3.牛タンレストラン陣中仙台国際空港店のメニューを変更いたします。

・「1人前:120g」を基準とし、ご利用いただくお客様にお選びやすい量目にメニュー内容を変更いたします。